電力自由化のメリットについて解説

電力自由化とは2016年に開始され発電の自由化、電力小売りの自由化、総配電の自由化の3種類に分類することができます。このうち一般家庭に影響があるのは電力小売りの自由化です。今までは東京に住む人であれば東京電力、関西に住む人は関西電力と住んでいる場所によって電力会社は決められていましたが、この規制が緩和されることにより様々な企業が電力事業に参加してくるため今までになかった新しい料金形態が開発されています。そのため各電力会社は他社と少しでも差を付けようと試行錯誤をこらし工夫をしています。今後携帯電話を選ぶ時のように、数種類の事業者が提供する契約メニューや料金プランから、自分に一番合っていると思うものを自由に選ぶことができるだろうと考えられています。

電力会社が選べて利用料金を安くすることができる

電力自由化のメリットとして複数の電力会社の料金プランを比較して自由に選ぶことができるという点です。様々な企業が自由化に伴い新規参入してきているため、各会社は顧客獲得のために電気料金の値下げや割引など多くの工夫を凝らしています。そのため自分に一番合っているプランをエッラブ事ができるため、プランによっては月々の電気料金が低くなる場合があります。また、様々なサービスと組み合わせたセット割も魅力の1つです。自動車メーカーであれば電気自動車とセットのプラン、通信会社であれば携帯電話やインターネット回線とセットの割引プランなど考えられるため、自分が使用しているインターネットや携帯会社のプランがあれば確認し、今より利用料金を抑えることが可能であれば契約してみるのもいいでしょう。

環境に優しい電気を選ぶこともできる

電力自由化にあたり、自分が使用する電気はどのように作られているのか気になる方もいると思います。そういった方向けに環境問題に配慮した二酸化炭素排出量の少ない電気や太陽光発電や風力発電といった再生エネルギーを利用した電気の扱いもあります。また自分の地元で発電された電気を使用することもできるため、地元の活性化につなげることもできます。他にもガス会社と契約をしてガスと電気の請求書を一緒にしたり、高齢者の見守りサービスや水漏れや鍵の紛失に対応してくれるといった生活に密着したサービスも一緒に提供されるプランもあるため、自分のライフスタイルに合わせて電力プランを選び、日々の生活をより快適に過ごすこともできます。電力プランの種類は数多くあるため、安い電気を大量に使いたいといった希望に合ったものも見つける事ができるでしょう。