電力自由化によってもたらされたもの

電力自由化によってもたらされたものは権利と義務です。権利というのは電力会社を選ぶことによって自分の好きなところや信用できる電力会社を選ぶことで料金の安いところを選択することができるということです。これによって電力会社を選択するという義務も生じていることになることに注意が必要です。つまり、不祥事を起こすような電力会社を選んでしまうと、その負担を求められるようになるともいえます。選択をした会社が失敗をするようなことがあれば、その負担が自分たちにも来る可能性もあるということです。ですから、選択をする権利が発生しているとともに、その選択に対して責任を持つ必要性があるということになっているということです。

電力自由化によって選択という権利ができた

電力の自由化によって電力会社を選択することができるようになりました。これによって料金の安いところやサービスの質が高いところを選ぶことができるようになったわけです。これは独占企業だと企業努力をしなくなってしまうということがあったからです。ですが、選択されるようになると、当然選んでもらうために他社よりも高いレベルのサービスを提供するように努力をするようになります。ですから、この選択をする権利というのはあって当たり前だったのですが、これがようやくできるようになったということになります。独占ということがいかによくないのかは、独占禁止法が禁止しているぐらいだったのですが、公共のサービスである電力はこの例外とされていましたが、現在では自由化され、私たちも自由に電力会社を選択できるようになりました。

電力自由化によって義務も生じる

電力会社を選択できるということは、その選択に対して義務を負うことになります。このことをあまり考えていない人もいるかもしれませんが、これはとても大きなことです。電力というのは人の暮らしには欠かせないことです。これからさまざまな電力の供給方法も出てくることになるかもしれません。電力会社によって電力の供給方法も変わってくることが考えられます。そうした時に信用できる電力会社ではなければ、どのようなことが起きるかわかりません。震災のようなことがあって、日本は地震が多い国だということが改めて認識されるようになりました。電力会社を選べば当然その電力会社のやり方を選んだということになり、その結果によるものは自分の元に返ってくることもあるのです。災害時でも安心して電気を提供してくれる企業を選ぶのも私たちの役目です。