詳しく説明電力自由化とはどういうことなのか

2016年から電力自由化がはじまりました。それまで一般家庭で使う電気は、各地域にある電力会社から供給されていました。しかし、法改正が行われ、民間のさまざまな業者が一般家庭向けに電気の小売を始めることになりました。このことから、新電力に乗り換える人が増えています。また、新電力を選ぶ場合、他のサービスを組み合わせてお得になるなどのメリットもあります。しかし、従来の各地域にある電力会社は独占していたため、顧客が他の新電力へ流出という問題があります。それを阻止するために、電気料金を引き下げたりなどさまざまな価格競争をしています。一般家庭にとっては電気料金が安くなることはメリットでしょう。ただ、現状新電力に以降した家庭はまだ多くはないのが現状です。

新電力に切り替えることで電気は不安定になることはないのか

電力自由化に伴って電気の小売に参入した企業はたくさんあります。ガス会社や石油などを取り扱う会社から、携帯電話会社などの通信業者まで幅広いジャンルの業者が参入しました。しかし、当初参入を表明していましたが、直前になって撤退した企業などもあります。一般家庭にとって、各地域の電力会社から乗り換えることの不安は安定した電気が供給されるのかという点です。しかし、実際のところ送電線は従来と同じものを使用しています。万が一、新電力の企業に問題が起こり、送電がストップしてしまっても、送電が再開されるまでの間、変わりに各地域の電力会社の電気が供給されることになっています。そのため一般家庭で停電が起こるなどの被害は起こりません。また、故障などが起きた場合は、送電会社である各地域の電力会社が行いますのでいままでと変わりません。

新電力に切り替えたほうがお得になる場合

電力自由化に伴って、切り替えを検討している家庭も多いでしょう。しかし、メリットがよくわからないというのも事実です。まず、新電力に切り替えることでメリットが大きいのは比較的毎月たくさん電気を使っている家庭でしょう。一人暮らしや電気をたくさん使わない家庭は、大きな割引などのプランを展開している企業は多くありません。しかし、電気の小売に参入している通信会社のサービスを契約している場合はお得になる可能性があります。また、ガス会社も参入していますが、すでに使っているガス会社であればまとめることで得られるサービスもあるでしょう。現状まだまだ新電力に切り替えている人は少ないのが現状ですが、賃貸に住んでいる家庭でも新電力との契約は可能です。一番メリットがある方法を選んで賢く使いましょう。